2016年9月30日金曜日

『バシュラール━科学と詩』序⑦

金森本では、19世紀初頭からバシュラールのころまでのフランス近代思想の流れを大きくふたつに分けています。

一つは〈概念の哲学〉の流れ、あるいは〈合理性の哲学〉。もう一つは〈意識の哲学〉の流れ、あるいは〈主体の哲学〉と呼ばれるものです。それぞれ次のような説明がされています。

①〈概念の哲学〉の流れ

科学や合理性を思索の中心に取り上げる流れ。科学的知識の性格について哲学的に考える流れ。実験、操作、因果性、確率、偶然性、推論、帰納法、無限などの問題に思索をこらした。

②〈意識の哲学〉の流れ

科学的知識についての考察は一応傍らにおき、より価値論的に踏み込んだ議論をする流れ。人間精神の活動の機微をなかば心理的、なかば論理的に分析する仕事を中心的課題にした。人間心理の注意力、努力、習慣などについて、繊細で複雑な記述を残した。科学が意識的に無視する人間の自由や宗教的真理の問題にも積極的に関わった。

これら二つの流れのうち〈概念の哲学〉の流れについて金森本では、「代表するのは何と言ってもコントだろう」として、次のように説明します。

彼の『実証哲学講義』は社会学生誕の書であるとともに、数学から生物学に至るまでの多くの科学史的かつ科学哲学的な記述を含む壮大な哲学書だった。


コント(Isidore Auguste Marie François Xavier Comte、1798-1857)=写真、wiki=が近代的に定式化したとされる実証主義は、19世紀後半、大衆的には唯物論と混同されるに至る。本来、唯物論は感覚的所与を越えた物質一般についての判断を含む学説であるために実証主義と同一視することはできない。

しかし、それらがともに宗教的権威に対して敵対的関係をもったために、18世紀啓蒙主義と多少とも関係が深い反宗教的思想としての位置づけをもっていたことは確かであり、その分近代科学との関係も密接だった。

19世紀後半に至り、実証主義はリトレやテーヌなどの強力な推進者をえて、フランス思想界の重要な流れとなっていく。彼らは迷信や宗教的抗争のもつ理不尽さをあげつらいながら、同時に社会で科学的理性がもつ価値について楽観的見通しを述べ立てることに躊躇しなかった。

それはときとして一種極端な科学万能主義をうんだ。ダーウィンの進化論がその流れに拍車をかけた。脳の活動を胆嚢が分泌する胆汁になぞらえたカバニスの言葉は、極端な19世紀唯物論のモットーとして盛んに宣伝された。

実証主義や唯物論と一線を画しながら、カントを主要な霊感源として、科学的認識の妥当性について思索を進めた新カント派の流れがある。それは、無限や物自体を前にして、妥当な認識が成立しうる限界はどこにあるかを問う哲学だった。

0 件のコメント:

コメントを投稿