2017年1月4日水曜日

飯島耕一「わが母音」⑤

母音とは――。広辞苑によれば、

〈声帯の振動を伴う呼気が、口腔内で著しく通路を妨げられることなく通過して発せられる音。口の開き、舌の位置などの相違によって音色の相違を生ずる。現代日本語では、ア・イ・ウ・エ・オの五つ。呼気がもっぱら口腔を通過するならば口母音、一部鼻腔に流れるならば鼻母音となる〉

と、されています。

人は言葉を発するとき、舌や唇を使って、呼気の流れを抑制したり妨害することによって、いろんな音を作りだしています。ザックリ言えば、母音とは、吐きだす息を唇や舌で妨害しないときに出る音ということになるようです。

一方の子音はといえば、呼気の流れを妨害させて出す音。しかし、唇や舌は連続的な動きをしますから、妨害があるかないかできっちり二分するようなわけにはいきません。

一口に母音といっても、「i」や「u」は「a」よりも子音に近いし、子音といっても「l」や「m」は「p」や「b」よりも母音に近くなります。

母音の音色は、舌や唇のかたちや顎の開閉度で決まります。唇の丸みを伴ったものを円唇母音、そうでないものを平唇母音。

舌の盛り上がったところが前舌であるものを前舌母音、後舌であれば後舌母音、その中間なら中舌母音と呼ぶそうです。

母音は、単独で、あるいはその前後に1個または複数の子音を前後に伴って、ひとまとまりに発音される最小の単位である音節(シラブル)を作ります。

一つの母音の発声中に調音を変えるものを二重母音、三種類の調音がある場合には三重母音と呼びます。

二重母音、三重母音はあくまで一つの母音であって一音節ですが、単に母音が連続していれば、複数の音節となります。

母音はその持続時間の長さの違いによって長母音と短母音に分けられます。日本語をはじめ言語のなかには、長母音と短母音の区別によって、意味の弁別をするものがあります。

音を調整する筋肉の緊張を伴うかどうかで、緊張音、弛緩音というように母音を分別することもあります。母音を調音するとき、舌の先を反らせたり、舌を盛り上げたりすると、咽頭が狭まり「r音」性の母音が出せます。


  A黒、E白、I赤、U緑、Oブルー、母音よ、
  いつかきみたちの誕生の秘密を語ろう。
  A、無惨な悪臭のまわりで唸りをあげる
  きらめく蠅の毛むくじゃらの黒いコルセット、

  影の入江だ。E、靄とテントのあどけなさ、
  誇り高い氷河の槍、白い玉、散形花のおののき。
  I、深紅、吐かれた血、美しい唇の笑い
  怒りのさなか、あるいは悔悛の陶酔のなかで。

前回見たアルチュール・ランボーの詩「母音」では、母国語の5つの母音に、それぞれ一つずつ、合わせて五つの「色」をあてはめていました。

A (アー) は黒、E (ウー) は白、I (イー) は赤、U (ユー) は緑、O (オー) は青です。日本語を使っている私たちには、なかなかイメージを掴むのは難しいですが、フランス人としてのランボーの感性がこめられているのでしょう。

さて、「わが母音」を味わうのにも、母国語であるところの「母音」という単語の意味のひろがりや、音のひびきを感じとっていくことが必要になるのでしょう。

  純粋な
  母音の空間に生まれるもの。
  不在であるために
  いつそうぼくを駆りたてる
  いくつもの夢。
  ぼくらは繰返すことしかできないが
  繰返しのなかに
  とある暁の最初の母音のように
  響きあうイマージュがある。
  わが母音は
  ぼくらがすばらしく生きる力を妨げる
  あの首くくるような悔恨よりも強力だ。
  それは光を追う透明さを持つから
  ぼくらは何度も見失いがちになる。

吐きだす息を唇や舌で妨害することなく発せられる母音は、この詩によれば、「純粋な」空間をつくり出しうるものなのです。

そして、「母音の空間に生まれるもの」は、「いつそうぼくを駆りたてる/いくつもの夢」でもあります。さらに詩人は、「ぼくらがすばらしく生きる力を妨げる/あの首くくるような悔恨よりも強力だ」といっています。

「母音」は、「悔恨」よりも力を持ち、「生きる力」の原動力になります。それは「希望」といってもいいかもしれません。しかし、「それは光を追う透明さを持つから/ぼくらは何度も見失いがちになる」のです。

0 件のコメント:

コメントを投稿